日記・・・身近な暮らしで

来てくださって、ありがとうございます。
暮らしの中で見たことや感じたこと、考えたことを
私のメモのつもりで書いています。

一定期間更新がないため広告を表示しています



2017/03/29 (水) | -
- | -
定期検査中の島根原発1号機で作業員3名が放射性物質を浴びていた事が分かりました。
中国電力によると、22日午後1時50分ごろに1号機原子炉建屋地下で協力会社の男性作業員3人の顔と足に、放射性物質を含む水が掛かったとのことです。


水の量は約4リットルで、1平方センチメートルあたり最大4ベクレルの放射能が測定されたと報じられています。汚染水はポンプとホースの接続部分から飛び出て来た物で、3人は空調設備で発生した水を貯蔵しているタンクから別のタンクに移送する作業をしていました。
いずれの方も「人体に影響のある被ばくは無い」と発表されています。
作業員の方、大丈夫でしょうか?心配です。


☆放射性物質の水掛かる=作業員3人、島根原発―中国電
URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150428-00000143-jij-soci
引用:
時事通信 4月28日(火)18時57分配信
 中国電力は28日、定期検査中の島根原発1号機(松江市)で、協力会社の男性作業員3人の顔と足に、放射性物質を含む水が掛かるトラブルがあったと発表した。放射性物質は体内に取り込まれておらず、外部への影響もないと説明している。
:引用終了


☆島根原子力発電所1号機第29回施設定期検査状況(No.124)
URL http://www.energia.co.jp/atom/teiken_1_29/joukyou-124.html
引用:
管理区域内における作業員の被水について
平成27年4月22日(水)13時50分頃,原子炉建物地下階において,原子炉建物床ドレンサンプタンク※1点検作業のため仮設ポンプにてサンプタンク内の残水を移送中,仮設ポンプに接続していたホースが外れ,放射性物質を含む水約4リットルが飛散し,その一部が協力会社社員3名(半面マスク※2等必要な装備で作業中)の顔および足にかかりました。
被水した3名について,放射性物質の体内摂取がないことを確認するとともに,被水箇所の除染を実施し,体表面測定により有意な汚染がないことを確認しました。
また,本件に係る人体への影響および外部への放射能の影響はありません。
※1 原子炉建物床ドレンサンプタンク
原子炉建物の空調設備から発生する結露水や,機器および配管等の点検を行うために抜いた水を一時的に貯留するタンク。
※2 半面マスク
原子炉内を循環する冷却水から不純物を取り除き,水質を管理するための系統
(平成27年4月28日公表)
 



2015/04/29 (水) 22:53 | 原子力発電
- | comments(0)


2017/03/29 (水) 22:53 | -
- | -
同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

コメントする