日記・・・身近な暮らしで

来てくださって、ありがとうございます。
暮らしの中で見たことや感じたこと、考えたことを
私のメモのつもりで書いています。

一定期間更新がないため広告を表示しています



2018/06/01 (金) | -
- | -
昨日は、出雲すこやか会の日帰り研修だった。
日ごろ共同購入させていただいている生産者さんをできるだけ訪ねるようにしているが、今は、人手も少なく、頻繁に行くことができない状態だ。
顔の見える関係を大切にしたいという会の当初からの方針を受け継ぎたいと思っている。
今年は、19名が参加した。出雲すこやか会の会員を中心に昨年度から若者たちも参加している。
最初に影山製油所さんを訪ねた。
影山陽美社長と狩野道雄総務部長が、出迎えてくださり、工場見学の前に事務所でお話を聞いた。
出雲では、江戸時代には盛んに菜種油の生産が行われていたとの記録があるようだ。
当時は自給率100パーセントだった菜種も今では、0.04パーセントにもなり、厳密に言えばもっとすくないだろう、とのことだった。
ほとんどが、輸入のなか、影山製油所では、種が交雑しないように手間をかけて圃場を管理し、原種を守ってきた。
大手メーカーの透明に近い油と影山製油所の菜種色の油では見ただけでその違いがわかるほどだ。
化学薬品を一切使用しないこの菜種油を、我が家も30年以上使い続けてきた。
私や家族の健康を支えていただいたとありがたく思う。
工場では、すでに選別された菜種が搾られつつあった。
重油やガス加熱ではなく松の木を薪として使い、丁寧にかつしっかり、混ぜながら香ばしい菜種が仕上がっていた。
油の抽出にも市販の油に使われている化学薬品は一切使用されていない。
味見をさせていただいた搾りたての菜種油は、まろやかでいい味だった。

1時間あまり、見学させていただいた後は、大社町鷺浦へ向かった。
コミュニティーセンターでNPO法人「ふるさとつなぎ」の清水さんが迎えて下さり、さっそく町を案内していただいた。
古くは北前船の寄港地として栄え、今でもその豊かな時代の名残をそこここにみることができる。町の入口?にはトンネルがあり、そこを抜けるとすぐ町の中というがめずらしかった。
近くに屋根の下の壁の鏝絵や曲り塀などがある民家をみることもできる。また、丘の上からみる風景は、鷺浦の街並みや小さな灯台などが、エメラルドグリーンの海に映えて心癒された。
町のなかほどにはギャラリーしわく屋という古民家のお店もあり、ここでは焼き立てのせんべいなどいただいたり買い物などを楽しんだ。
すっかり、お腹がすいた後は、清水さん紹介の出張シェフの方に地元の魚やシェフ自ら作られた自然栽培の野菜などを
使った料理をいただいた。関東からIターンでこられたシェフの食材へのこだわりにも感心し、もっと多くの人にここを訪れ、食べてみてほしいと思った。
食後は、藻塩について鵜鷺元気な会の安部さんにお話ししていただく。


その後、渡辺水産を訪ねた。
さっそく、工場を順番に見学させていただいた。
ちょうどかさごが干物に加工されるところだった。
かさごは、のどぐろといっしょにあがる魚だそうだ。
今が旬。薬品は、使わず、オゾン殺菌しているが、生ものなので気を使うとのこと。
また、室内も薬剤を使用しないで清潔を保つようにしていると説明された。
美味しくて安心して食べることのできる干物を作るための努力を目の当たりにし、ありがたいと思った。

 


2014/10/25 (土) 23:29 | 出雲すこやか会
- | comments(0)


2018/06/01 (金) 23:29 | -
- | -
同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

コメントする