日記・・・身近な暮らしで

来てくださって、ありがとうございます。
暮らしの中で見たことや感じたこと、考えたことを
私のメモのつもりで書いています。

山陰中央新報(6月6日付け)に、隠岐の島の松くい虫防除のための農薬散布について掲載された。

記事を転載する。

松くい虫防除薬剤散布、隠岐の島町が中止
  「体調不良」訴え受け

 島根県隠岐の島町は、5日までに、本年度予定していた松くい虫防除のための薬剤地上散布を中止することに決めた。
5月の空中散布後に体調不良を訴える人が出たためとしている。
 町によると、5月19日に布施、代、西村の3か所計66ヘクタールで薬剤空中散布を実施。26日に1家族3人が目の痛みや
立ちくらみなどの症状を訴えた。その後、病院で診察を受け、異常は認められなかったという。
 町は「薬剤空中散布との因果関係は明らかではない」としながらも、体調不良を訴える事案が発生したため、6月3日と同17日に予定していた防風林3カ所計3.6ヘクタールでの地上散布を中止した。
来年度以降、薬剤散布を行うかどうかは、周辺地域の住民の健康状態や意向などを確認した上で決める。


2017/03/29 (水) 22:32 | -
- | -
同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

ほんまこいつらアホちゃうんか
隠岐の島は観光地で景観が損なわれたら観光収入が減って住民が大変な思いするのに散布エリア外の住民が騒ぐとかほんま終わってるわ

いっそのこと松枯れちまえばいいんだよ。その時には誰も島に行くやつおらんくなるから。

まさに自分たちの首を、自分で締めるんやな

あと騒いでるやつはどうせ反対派の人間やろ

ほんま地元なめんな

2014/08/30 10:50 | 無名

出雲市は、たくさんの子どもたちが健康被害にあって
有機リン農薬のこわさを目の当たりにし、安全性が確保されるまでは、農薬空中散布は、再開しないと決定しています。
今、出雲市は、出雲大社の遷宮などでたくさんの観光客でにぎわっています。続けていたら、より多くの注意が必要だったと思います。
昨年の猛暑などで松がたくさん枯れましたが、枯れた後には今の気候にあった木々が成長しつつあります。
隠岐は美しい自然がある素晴らしい島です。
松がそこの自然にあっていれば、そのまま、残るでしょう。もしかしたら、枯れることもあるかもしれません。だからと言って隠岐の魅力がなくなるとは、思えません。

2014/09/21 08:27 | 倉塚

コメントする