日記・・・身近な暮らしで

来てくださって、ありがとうございます。
暮らしの中で見たことや感じたこと、考えたことを
私のメモのつもりで書いています。

一定期間更新がないため広告を表示しています



2018/06/01 (金) | -
- | -
 大田の自然と生活環境を守る会から「宅野の海にダイオキシン」ゴミ処分場の建設に反対した住民たちの3年半の実録手記が送られてきた。

 2008年、世界遺産の大森銀山に程近く、小さな港と古い町並みが美しい大田市宅野の町にふってわいたように知らされたゴミ処分場建設計画。
計画決定後に住民説明会が開催され住民の生活圏に隣接する場所にゴミ処理場を建設することにより、将来にわたり、未知数のリスクを抱えることを心配した住民の方々の反対運動の経過がこまかく書かれている。

自治協会を利用した強引な合意。住民の中には計画すら知らない人もいたというのに。
反対をする住民の方々は501人の請願署名を集め、
1.住民や学識経験者をまじえずに行政だけで一方的な候補地選定がされたこと
2.宅野での建設ありきで現地説明会が行われていること
を問題として市長に対して回答を求めたが、一方的な説得が行われるだけだった。

住民の方々はそうしたことにも負けす、地道な市民活動で、大田市にある既設の処分場から過去に基準値を超えるダイオキシン類や砒素が検出されているにもかかわらず、公表されていなかった事実も明らかにした。
そういえば 今から15年前、島根県の女性の母乳中ダイオキシン濃度が全国一になったことがあった。あの後、2度と調べられることはなく、不安が残ったままだ。もしかしたら、との疑念もわく。

読み進むうちに、出雲で起こった農薬空中散布と同じ構造であることも気づかされる。

冊子のなかに「見せかけの市民参加」という見出しがある。
市民に十分な情報を公開しないまま、公聴会を開く、というお決まりのコースをたどって処分場が建設されてしまった。

「見せかけの市民参加」に、私たちは、どれだけだまされてきたか・・・
その結果、福島の原発事故という大きな代償もはらうことにもなった。
ずっと、あとになって見せかけだった、と知るだけの国民であり続ければ、未来は、代償だらけになってしまう。
この冊子には、見せかけと闘った住民の方々の思いがつまっている。


2018/06/01 (金) 22:28 | -
- | -
同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

コメントする