日記・・・身近な暮らしで

来てくださって、ありがとうございます。
暮らしの中で見たことや感じたこと、考えたことを
私のメモのつもりで書いています。

一定期間更新がないため広告を表示しています



2018/06/01 (金) | -
- | -
 化学物質過敏症の方のブログで、日本が農薬使用量世界一、という表が紹介してあった。
最近、アレルギーや化学物質に過敏な人が、増えていると実感しているので、やはり、そうだったのか、という思いだ。 

この方は、農薬空中散布のときには、「背骨がカチカチになってきて、手がしびれたり、神経がぴくぴくしたりしてきました。また、頭は締め付けられるような痛みが激しかったです。精神的にもイライラしたり鬱になったりと…。冷え症も半端じゃないほど冷えてきて、内臓下垂にもなり、食欲もなくなり…何がおっこっているのかさえ分かりませんでした。」

と自身のブログに症状が悪化していくようすを書いておられる。
 
最初は、更年期かと思うほど、いろいろな症状が出たらしい。しかし、農薬空中散布が実施されている地域だったので自宅を出たり、農薬や化学物質を避ける生活や、デドックスをしているうちにそうした症状が軽減した。
ただ、この方は、農薬や化学物質のために、住んでいた自宅を出て仕事もできない状況に追い込まれるなど大きく人生も変わった。このことは、原発事故で家や仕事を失った人々と共通していると思った。

日本の経済は、こうした犠牲を踏み台にして成り立っている。
それでも、なお、こうしたことを続けていいのか、国民的議論にならなかったらおかしいと思う。







2018/06/01 (金) 07:52 | -
- | -
同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

コメントする