日記・・・身近な暮らしで

来てくださって、ありがとうございます。
暮らしの中で見たことや感じたこと、考えたことを
私のメモのつもりで書いています。

一定期間更新がないため広告を表示しています



2018/06/01 (金) | -
- | -
  このところ、総会のシーズンでもあるせいか、団体に所属している人から、「農薬空中散布を再開できない理由を短く説明するには、どうしたらいいか」と聞かれることが続いた。

そういう場合には、出雲市の松枯れ再検討委員会での結論が、出雲市の結論となっているので、それを簡単にまとめてお伝えすることにしている。

―弍聖垠鮃被害原因調査委員会で、空中散布と健康被害との関連が否定できないとの結論が、出されている(否定した委員はひとりもいない)。これが、覆されない限り再開できない。

効果がある散布を行うためには、まわりの被害木またはその疑いがある松をすべて、伐採するなどの徹底した対策が必要である。


2018/06/01 (金) 12:38 | -
- | -
同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

コメントする