日記・・・身近な暮らしで

来てくださって、ありがとうございます。
暮らしの中で見たことや感じたこと、考えたことを
私のメモのつもりで書いています。

一定期間更新がないため広告を表示しています



2018/06/01 (金) | -
- | -
  松江市ゴミ処理施設事故について、1月31日付けの山陰中央新聞は以下のように報じている。(青い文字の部分)

 島根くらしといのちのネットワークでは、12月にこの事故に関する公文書公開を請求し、2月1日に公開文書の閲覧をした。また、新聞報道にある松江市議会建設環境委員会も傍聴した。

公文書の件名は
.┘灰リーン松江ガス化溶融炉の焼損事故について建設環境委員会に出した資料。
■庁唯咼優奪肇錙璽に関する文書
エコクリーン松江ガス化溶融炉の焼損事故対策業務委託(23年度)に関する文書(原因究明・弁護士)

緑の文字の部分は。平成22年10月に開催されたDMS会議にオブザーバーとして参加したことについての報告書から。
DMSネットワーク会議:この会は、直接溶融システムにてごみ処理を行う自治体および事務組合等にて、相互の連携をもって、施設運営の効率をtかめると共に円滑かつ安定した稼動を目的として組織し、年1回開催され、会場は持ち回り、当番自治体および事務組合等がその運営にあたる。
1.議題討議の前に来年度から松江市の正式会員が認められた。
2.議題討議番号(1)(3)(5)(10)に見られるように、修繕工事、基幹改修工事、緊急改善工事における、日鉄環境プラントソリュージョンとの随意契約」「工事費額の妥当性」にどこの自治体も苦慮している。

新聞からの転載(青い文字の部分)

松江市ごみ処理施設事故
   業者設計ミス認める  保温材の影響 過小評価

 松江市の新ゴミ処理施設「エコクリーン松江」(松江市鹿島町上講武)で昨年9月に破損・変形事故が相次いだ問題で、設計・施工した新日鉄エンジニアリング(本社・東京都)は30日、「設計ミスだと思っている」と述べ、過失を認めた。焼却炉に保温材を設置し、納入した同社が、破損の原因となった炉内温度の上昇の影響を過小に見積もっていた。同社の過失が明確になったことで、今後必要な修理費などは同社が負担する。

 市議会建設環境委員会に出席した新日鉄エンジニアリングの小椋茂樹プロジェクト部長は「設計ミスだと思っている。瑕疵(かし)だと認識している。」と述べた。
 同社は今後、模型による再現実験を行い、炉の表面や内部の温度変化を測定し、機この原因を究明。3月下旬までに報告書を提出する。
 同社は、事故の原因は溶融炉表面の鉄板(厚さ10ミリ)にロックウール製の保温材(同75ミリ)を取り付けたため、炉内の温度が想定異常に上昇したと推定していた。
 一方で市議会からは、保温材の設置にいたった過程で、作業環境の改善のため、炉の温度上昇を防ぐように求めた市の対応に問題がなかったか、確認を求める声があった。
 この日は、市が溶融路の発注仕様書を公表。炉の表面について「原則80度以下とし、室内温度も45度以下にする」との記述があるが、保温材を設置した経緯については説明がなかった。
 また、設計段階から変更があった場合、変更内容を市が承諾していたとしても、責任は受注した同社が追うことが明記されていた。
 保温材をはずして仮復旧している炉は交換の必要はない見通しで、3月末の同社の実証実験結果などを待って修理する。


2012/02/02 (木) 21:31 | ガス化溶融炉
- | comments(0)


2018/06/01 (金) 21:31 | -
- | -
同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

コメントする