日記・・・身近な暮らしで

来てくださって、ありがとうございます。
暮らしの中で見たことや感じたこと、考えたことを
私のメモのつもりで書いています。

一定期間更新がないため広告を表示しています



2018/06/01 (金) | -
- | -
  22日付けの山陰中央新報によると、4月に稼動したばかりの新ごみ処理施設「エコクリーン松江」で破損、変形事故が相次いだ問題で、市は、21日、原因を究明する第三者機関に、環境、厚生労働両省が所管する財団法人・日本環境衛生センターを選定したと市議会建設環境委員会に報告した。

事故が発生した2、3号炉と1号炉で送風口の数が違っており、構造上の欠陥がなかったか、他県で施工した28ヶ所と比較して調べる。9月に2号炉で亀裂が発生、3号炉でも鉄板に膨らみが見つかって運転を停止している。
メーカーは、10月には作業環境改善のために炉の表面に施した保温材により炉内の温度が上昇したと説明している。


2011/11/23 (水) 10:17 | ガス化溶融炉
- | comments(0)


2018/06/01 (金) 10:17 | -
- | -
同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

コメントする