日記・・・身近な暮らしで

来てくださって、ありがとうございます。
暮らしの中で見たことや感じたこと、考えたことを
私のメモのつもりで書いています。

一定期間更新がないため広告を表示しています



2018/06/01 (金) | -
- | -
 きょうは、9時から塩冶コミュニティーセンターの大掃除だった。
出雲すこやか会では、月に2度、会議で使用しているので毎年参加している。
割り当ては、例年通り、会議室。
9時ごろにいくと、すでに作業は進んでいた。
椅子や机を出した後、窓を拭いたり、ポリッシャーという機械で床の汚れを落とし、その後を雑巾で汚れなどふき取ったりした。
ここまでが、私たちの分担で、次のグループが、ワックスがけや仕上げなどをするらしい。
10時半に終わったあとは、用意してあったお茶やお菓子をいただいた。

気のせいか、掃除に集まった人の年齢が高齢化しているように思えた。
会議室に集まった人たちもほとんどが60代から70代?
「自分の町内は、ほとんど80代の女性ばかりで男性がいない、」と言われる人もいた。
全体の高齢化が進んでいることも確かだが、自治会などに若い世帯が入りにくい状況もコミセンに集まる人の高齢化をもたらしているのではないかと思った。



2010/12/15 (水) 21:34 | 出雲すこやか会
- | -


2018/06/01 (金) 21:34 | -
- | -
同じカテゴリの記事