日記・・・身近な暮らしで

来てくださって、ありがとうございます。
暮らしの中で見たことや感じたこと、考えたことを
私のメモのつもりで書いています。

きょうは、第5回目の出雲市原子力発電所環境安全対策協議会だった。

心配なのは、会議のたびに、不具合の報告があることだ。

今回は、中央制御室空調換気系ダクトの腐食とアクセスホールカバー取付溶接部のひびについて説明があった。

2号機の再稼働、果たして大丈夫なのか?

使用済み燃料の行先も含めて、不安は、大きくなるばかりだ。

また、平田地域自治協会連合会の方からの質問では、10キロ圏内も含む平田地区では、県道431号線で避難することになっているが、避難道路、手段が曖昧であることや 避難先の荒木地区との連携が進みつつあるものの一層の強化が必要であることなど話された。

空家対策でIターンを検討されていた県外の方が原発から近いということで移住を断られた、ということも聞き切ない気持ちになった。

私もいくつかの質問をした。

島根県原子力安全課へは、モニターの機器の高さを子どもたちの行動も考慮し低い位置にも設置してほしいと要望した。

また、中国電力には、現在、燃料プールに使用済み、使用前燃料が、保管してあるが、より安全と言われている乾式での保管にはできないか?と質問したが、即座にできないとの回答がきた。再度質問したところ、使用済み燃料227体は、平成30年度稼働予定の

青森県六ケ所村の再処理施設に送る予定とのこと。ほんとうに再処理施設は稼働できるだろうか。

未使用の燃料の保管も含めて、より安全な保管方法に変更してほしい。

原子力防災では、小さな子どもを持つ保護者の方に安定ヨウ素剤について、その必要性、有効性を知らせてほしいこと、事故が、この冬のような大雪のときに

起きたらの想定も必要では?など伝えた。

 

 

 



2017/03/29 (水) 21:46 | 原子力発電
- | comments(0)

山本太郎議員の質問はわかりやすい。

以下は、転載。

 

山本太郎議員質問「今日は批判ではなく、政権の今までのお仕事を肯定的に振り返り誉め殺し気味に質問致します。政治の使命はこの国に生きる人々の生命財産を守る事、そう考えます。安倍総理は誰の為の政治を行っていらっしゃいますか!?安倍総理はキッチリとお仕事をされております」

「庶民を犠牲にして大企業を儲けさせる。そのご活躍振り歴...代の総理大臣を見てもNo.1です。庶民から搾り取った税金で庶民への再分配は最低限に抑え、真っ先に手当をするのは選挙や権力基盤作りにお世話になった経団連大企業や、資本家・高額納税者へのご恩返し。トコトン美味しい減税・補助金メニューを提供。一方で派遣法改悪、働く人をコストとして切り捨て安くするルール改正などを取り揃える。お陰で上場企業は、あのバブルの時よりも儲り過去最高益。一方で中小零細企業の解散休業は過去最高。見ているのは大口の支持者のみ。正に大企業ファースト!これぞ額に汗を流す政治家の鑑ではないでしょうか!!」

「子どもの貧困問題を人々の善意で解決しようというウルトラCは、安倍総理が薄情で指導者の器が無い!のでは無く、総理はただ興味が無いだけなんです。今まで国会やメディアで取り上げられてきた厚労省の国民生活基礎調査では無く、違うデータを持ち出して総理は子どもの貧困率が低下したと演説されました。持ち出したのは総務省の全国消費実態調査。この調査は非常に面倒な作業を対象者に求めるもので、お金と時間に余裕のある人しか中々対応する事が出来ず、低所得者層の実態をしっかり反映しづらいという傾向があると言われます。厚労省の国民生活基礎調査では、子どもの貧困率は16・3%。今年最新のものが発表される予定ですが、この調査でアベノミクス効果により子どもの貧困率がどれ位下がるのか?総理の予想値を聞かせて頂くと共に、子どもの貧困改善の数値目標をお答え下さい」

「ここ数年奨学金問題非常に大きくなってきております。OECなどの先進国グループの中で、教育に最も金を出さないドケチ国家の第2が日本なんです。個人消費を引き上げる意味でも、少子化問題を改善する意味でも奨学金という名のサラ金地獄から対象者を救い出す必要があるのは言うまでもありません。新たな奨学金国債を発行して借り換える。マイナス金利に合わせて過去の有利子奨学金を全て無利子に転換する。などは勿論やりません!何故国がサラ金の様なシステムで若い人を苦しめるのか!?奨学金の利息収入は年間390億円程、奨学金の延滞収入は年間40億円程。これらで金融機関を潤わし、取り立てを行う債権回収会社に対して手堅い仕事を提供する。若い者達の未来には投資をしない。企業の為だ。若い内の苦労は買ってでもしろ!安倍総理の親心ではありませんか!!」

「安倍政権になってからは、正規の雇用は36万人減って非正規は167万人も増えています。ですが安倍総理は以前正規の雇用が増えていると仰っていました。確かに2015年労働力調査を見てみると正規では前年比で26万人増えています。正にこれこそがアベノミクス効果ではないですか!?この正社員26万人の内25万人は介護福祉職。介護福祉職の内、福祉施設介護員は全産業平均より月々11万円給料が安いんです。勿論安倍総理はここにも改革を進めます。月額たった1万円程上げるそうです。現在労災認定で一番多いのが心の病。その中で労災申請・過労自殺のトップが介護福祉職。現場の悲鳴は聞こえない振り、細かい中身は見ないで頂きたい。表っ側の数字だけで評価するんです。これこそがアベノミクスの神髄ではありませんか!」

「安倍晋三閣下は、行政府の長であるばかりか立法府の長であるとご本人がご宣言されました!司法の長になられるのも時間の問題ではないでしょうか!?その為にも現行憲法など守っていられませんし守りもしません。当然です。不都合な真実、事実を声高に叫ぶ人間は邪魔です。オリンピックに向けて火事場泥棒的に治安立法を成立させます。安倍総理、オリンピックを成功させる為には共謀罪が必要との趣旨の発言がありました。共謀罪をテロ等準備罪と名前を変える様ですが、テロ等準備罪の『等』とはどういう意味ですか!?テロ以外にも適用する余地を残す理由を教えて下さい。世界一安全な東京とアピールをしておきながら、数週間の体育祭を開催するのに国民を監視し、密告制度で相互監視までさせ相談しただけでアウトと言う権力が思想・信条の領域まで足を踏み入れるとんでもない法律が必要な理由は何なんでしょうか!?」

「東電原発事故による汚染水問題について総理にお聞きします。ブエノスアイレスでのご発言、汚染水は0・3平方kmの港湾内でブロックされている。これにお間違いは無いでしょうか!?海では潮の満ち引き・潮の流れなどがあり、港湾内の水がブロックされる事自体あり得ません。8日間で99%、港湾内と港湾外の水が入れ替わります。大量の海水でゆっくりと希釈された結果、港湾外に出た汚染水の数値は低く見えるものの、垂れ流される汚染水の総量に変わりはありません。去年始め静岡県沼津市の漁港で水揚げされた青鮫から基準値の7倍ものセシウムが検出されました。汚染水の影響は明らかに海洋生物にも見られますが、皆さん細か事は気にしないで頂きたい。総理がブロックされてると仰ってるんですから。それを信じようじゃありませんか!」

「お聞きします。最終的に東電原発の収束費用、トータルで幾ら掛かるとお考えになりますか!?将来もう一カ所で原発過酷事故が起きた場合、国の経済破綻は免れないと考えますが如何でしょうか!?日本は火山国であり地震大国です。それでも原発再稼働を進めて大丈夫だと言い切れますか!?お答え下さい。福島東電原発の収束は、その方法もなく現在ではほぼ不可能。今後桁違いの額になるのは容易に想像出来ます。事故原発の原因も究明しない。安全基準デタラメ、避難基準適当、原発無くても電力余ってますが原発は再稼働します。海外に売り付ける為に再稼働します。プルトニウムを持ち続ける為に再稼働します。三菱・東芝・日立・鹿島建設・大林・大成・竹中・清水・IHI・富士電機・三井住友銀行・UFJ等々など、原発に関係する企業の皆さん!安心して下さい。安倍政権は脱原発など絶対にやりません。安倍政権は税金と電気料金を湯水の様に使える発電方法は諦めません。首都圏直下型地震30年以内に、マグニチュード7で発生する確率約70%。東南海地震・南海地震30年以内マグニチュード8〜9で発生する確率60〜70%。日本列島北から南まで50の活火山が24時間態勢で監視されていますが、噴火予知連絡会、こう仰ってる『全ての噴火が前もって分かる訳ではない。我々の予知レベルはそんなものだ』とコメント。火山予測のプロでもほぼ予測不可能だそうです」

「自動車事故・医療事故、過失であれば当然処罰されます。しかし原発事故では未だ過失で処罰されたものは一人もいません。全ては想定外という魔法の言葉で逃げるおつもりでしょう。次の事故が起きたとしても総理ならもっと上手に誤摩化せます。皆さん安倍総理を信じてこのバスに乗り込みましょう!次の停車駅は地獄の一丁目一番地です。今回無理をして批判は避けようと思いましたがどう考えても無理です!総理あなたがこの国の総理でいる限りこの国の未来は持ちません!最後のお伺いします。いつ総理の座から降りて頂けるのでしょうか!?教えて下さい。以上を持ちまして私の代表質問を終わります」

安倍首相答弁「#$%&’()=〜|でありまして云々カンヌン&&%%%$$$$$伝!!”)〜(’&%$#`『』*+L#$%&’()0♥︎)当たりません。(〜)&(’&%$#””””111)〜●〜●〜●〜●〜であります」

2017年1月25日 参院本会議 山本太郎議員代表質問
https://www.youtube.com/watch?v=wnqVdb-6qhk



2017/01/26 (木) 08:31 | -
- | comments(0)

老朽原発も実態不明=運転延長の高浜、美浜−配管厚さ1ミリ未満も


 腐食が見つかった島根原発2号機(松江市)の空調換気配管について、中国電力は運転開始から昨年12月までの約28年間、保温材を外した点検をしていなかった。原発を保有する各社は、ほぼ同様の点検を行っており、運転期間が長い老朽原発ほど腐食が見落とされている可能性が高そうだ。

...

 全国の商用原発42基のうち、最も古いのは関西電力高浜原発1号機(福井県)で運転開始から42年が経過している。高浜2号機は41年、関電美浜原発3号機(同)も40年を過ぎた。この3基は昨年、原子力規制委員会が運転期間を原則40年とするルールの例外として、20年間の運転延長を認めた。

 だが、延長を認可した時点で島根2号機の配管腐食問題は明らかになっていなかった。運転開始から28年に満たない原発でありながら、保温材の下から多数の腐食や穴が見つかり、衝撃が広がった。

 新規制基準によって再稼働した九州電力川内原発1、2号機(鹿児島県)や高浜3、4号機の運転期間は31〜32年。島根2号機より古いが、いずれも保温材を外した点検は行われていない。

 中国電によると、島根2号機の換気配管で長さ約1メートルの穴が見つかった部分は厚さ0.8ミリ。腐食が確認された配管の材料は、腐食に強いとされるステンレス鋼板や亜鉛めっき鋼板だ。原発を保有する各社も同様の材料を使っている。

 だが、配管を水分や塩分を含んだ空気が通り続ければ、腐食やさびの発生は避けられない。全ての保温材を外して確認しない限り、腐食がないと言い切れない状況だ。(2017/01/14-14:38時事)

 

転載元

http://www.jiji.com/jc/article?k=2017011400164&g=eqa

 

 

 



2017/01/15 (日) 21:42 | 原子力発電
- | comments(0)

きょうの午前中は、出雲市原子力発電所環境安全対策協議会の会議に出席した。
市長の挨拶の後、中国電力から、1号機廃炉の説明と2号機特定重大事故等対処施設および所内常設直流電源設備の概要の説明があった。
原子炉建物は、航空機が衝突しても特重施設を新たに建設するので大丈夫、ということらしい。
にわかに信じがたい話だし、飛行機がぶつかるイラストには、建物の片隅にちいさな爆発が書かれている。
事故はこんなに小さく福島のようにぐちゃぐちゃにはなりませんとアピール?
誘導がうますぎて感心した。
これについて質問したところで、用意周到な説明と安全です、との答えが返ってくるのがわかっているので、私は、原子力防災についてのみ質問をした。
他の委員のプルサーマル計画や再処理についての質問については、計画どおり実行すること、廃棄物は、いつ稼働するかわからない六ヶ所村の再処理施設頼みでやはり、今まで通りの答えが繰り返されるだけだった。
きっと、福島の方々も事故前、電力会社や国の「安全です。」「再処理します」の説明を聞かれたはずだ。
でも、事故が起こっていまだに帰ることのできない状況が続いている。

また、熊本の地震を考えれば、屋内退避できない場合もあるが、今の計画で大丈夫なのか、地震が起こって人々が屋外に退避するしかない状況でも川内原発は、稼働停止にならなかった。
いざとなったら、外に放り出されて、危険回避さえもされない状況であることをニュースで知った。
福島では、子どもたちの甲状腺がんもじわじわと増えているが、3歳未満の乳幼児へのヨウ素剤の配布の仕方、保育所などへの配布は、どうなるのか、30キロ圏外だとヨウ素剤の配布はどうなるのか、なにもわからないまま、会議が終わってしまった。



2016/06/15 (水) 21:38 | 原子力発電
- | comments(0)
きょう、出雲市原子力発電所環境安全対策協議会が開催されます。
私は、協議会委員として参加します。
※この会議はだれでも傍聴できます。問い合わせ先 ☎0853−21−6606 出雲市役所 防災安全課

開催日時 3月29日(火)14:00〜16:00
場所   出雲市役所 本庁1階 くにびきホール
内容   _馗后,△い気
     島根原子力発電所周辺環境放射線等調査結果について
     E膾原子力発電所2号機 新規制基準への適合性確認審査の状況について
     づ膾原子力発電所 1号機の廃止措置について
     ヅ膾原子力発電所 不適切事案について
     出雲市の原子力防災の取り組み状況について
 
 
     


2016/03/29 (火) 07:31 | -
- | comments(0)
チャイルドラインには、発達障がいの子どもたちや貧しい家庭の子どもたちから相談電話がかかって来ます。      
そんな子どもたちを直接サポートしておられる  石橋美恵子さんや村井琢哉さんのお話を聞き、わたしたちにできることを一緒に考えてみませんか。
11月21日(土)松江プラバホール大会議室
資料代:各講座500円 当日受付可
主催:チャイルドラインしまね
問い合せ先:高山(0852-24-9318)
 
10時〜12時 発達障がいについて
講師 東部発達障害者支援センター所長
石橋美恵子氏
 
島根県東部発達障害者支援センター ウィッシュ

島根県では、発達障がい児・者やその家族からの相談に応じて適切な支援を行うとともに、関係施設と連携して、発達障害児・者に対する地域における総合的な支援体制の整備を推進するために、地域の拠点として東部発達障害者支援センター ウィッシュと西部発達障害者支援センター ウィンドを設置しています。
 
13時半〜15時半 子どもの貧困
講師 NPO法人山科醍醐こどものひろば代表
村井琢哉氏

(プロフィール) 村井琢哉
特定非営利活動法人山科醍醐こどものひろば理事長
関西学院大学人間福祉研究科修了。社会福祉士。子ども時代から活動に関わり、事業責任者、事務局長などを経て現職。組織としては5年前から子どもの貧困対策に取り組んでいる。 主な著書(共著):『子どもたちとつくる貧困とひとりぼっちのないまち』(2013)

この講演会は平成27年度チャイルドラインしまね受け手養成講座第4回・第5回を兼ねます。


2015/11/15 (日) 11:07 | チャイルドライン
- | comments(0)
安達倭雅子氏公開講座「子どもの性と生」

と き : 10月10日(土)13:00〜14:30
ところ : 松江市総合福祉センター教養室
        松江市千鳥町70(0852-24-1643)
資料代:500円 当日受付可 
主催:チャイルドラインしまね
問い合せ先:高山(0852-24-9318)

チャイルドラインには、子どもたちから、性の相談電話がかかって来ます。
誤ったり偏ったりした性情報が氾濫する中、私たち大人は、子どもたちに性についてどう話していけばいいのでしょうか。
安達倭雅子さんのお話を聞き、一緒に考えてみませんか。

講師紹介
安達倭雅子(あだち わかこ)さん 
子どもの性の問題に関して全国で講演。
「電話の中の思春期―語り合う性」・
「電話の中の思春期―語り合う性」(ユック舎)、
「私と彼とそのあいだ」 (ちくまプリマーブックス)、
「生きていくから聞きたいこと (性の絵本)」(大月書店・共著)、
「子どもと性―性教育をする前に読む本」・
「子どもたちの性―親子で語る「性教育」(集英社)、
「子どもと親と性と生」(東京シューレ出版)、
「暮らしの中の性教育」(北海道新聞社)、
「あっ!そうなんだ!性と生―幼児・小学生そしておとなへ」(エイデル研究所・共著)他著書多数。

この講演会は平成27年度チャイルドラインしまね受け手養成講座第3回を兼ねます


2015/10/08 (木) 22:24 | チャイルドライン
- | comments(0)
子どもの声を聴くボランティア チャイルドラインしまね受け手養成講座 が始まります!

チャイルドラインは18才までの子どもがかける専用電話です。
子どもたちに、声でつながる「心の居場所」を目指して活動しています。
子どもたちの声を聴くボランティア活動にあなたも参加しませんか? 
電話の受け手は、「一緒にやろうとする熱意」と「人を受け入れようとする柔軟性」を持っておられる18歳以上の方ならどなたでも参加していただけます。
特別な資格はいりませんが、下記の講座をすべて受講する必要があります。
そのうえで、面談の上、受け手になることができます。 公開講座だけの参加もできます。
【公開講座】
第1回  日時 平成 27 年 9 月 19 日(土)  10:00〜12:00
     会場 島根県民会館 308 会議室
 【チャルイルドラインとは】  上野和子氏   チャイルドライン広島 理事長

第2回 日時 平成 27 年 9 月 19 日(土)  13:30〜15:30
    会場 島根県民会館 308会議室
 【子ども人権】 「子ども権利、大人の役割」 多田 元 氏  多田法律事務所

第3回 日時 平成27年10月10日(土)  13:00〜14:30
    会場 松江総合福祉センター  教養室
 【思春期の性】 「子どもの性と生」  安達倭雅子 氏  電話相談員

第4回 日時 平成27年11月21日(土)  10:00〜12:00
    会場 松江プラバホール 大会議室
 【発達障害について】  石橋美恵子 氏   東部発達障害支援センター 所長

第5回 日時 平成27年11月21日(土)  13:30〜15:30
    会場 松江プラバホール 大会議室
 【子どもの貧困】  村井 拓哉 氏  NPO法人山科醍醐こどものひろば 代表  

第6回 日時 平成 28 年 1 月 9 日(土)  10:00〜12:00
    会場 未定
 【聴くことのワークショップ】 「自分を知るためのワーク」  村上由美子氏   カウンセリングルーム麦の家 相談員

第7回 日時 平成 28 年 1 月 9 日(土)  13:30〜15:30
    会場 未定
 【聴くことのワークショップ】 「子ども時代に立ち返るワーク」  村上由美子氏   カウンセリングルーム麦の家 相談員

第8回 日時 平成 28 年 1 月 16 日(土)  10:00〜12:00
    会場 未定
 【聴くことのワークショップ】「電話を受けることを想定してのワーク   上野和子 氏     チャイルドライン広島 理事長

第9回 日時 平成 28 年 1 月 16 日(土)  13:30〜15:30
    会場 未定
 【聴くことのワークショップ】 「電話を受けることを想定してのワーク◆  上野和子 氏     チャイルドライン広島 理事長  

参加対象者  18歳以上 
受 講 料  全講座   一般 5,000円      学生3,000円
公開講座  1講座につき 500円 
定   員   各講座 50名 
申込み方法  下記問い合わせ先まで、メール又はファックスでお願いします。  問合せ先:チャイルドラインしまね 担当/佐々木  携帯 090-7373-7290
 E−mail mdskq067@yahoo.co.jp
 FAX   0852−25−3165
   ※電話に出ることができない時間があることをご了承ください。  


 


2015/08/23 (日) 09:08 | チャイルドライン
- | comments(0)
| 1/114PAGES | >>